夫の創作らくごがいい感じなので読んでやってほしい

 <背景>

クラフトビールの聖地、谷中のビアパブイシイは現在移転のためお休み中。

 

仕事がえりにちょいと一杯、ができなくなって早1ヵ月。

つ、つらい・・・

 

一杯のビールにこれほど支えられていたとは。

 

まだかなーまだかなー、と移転先(旧店舗のすぐ近く)をちょいちょい見に行くも、入り口はベニヤで閉ざされ、様子がまったく伺えない。よぎる不安。

 

そんなある日の夜、新店舗の前を通りかかると煌々とした照明が。

店主の石井さんと、たくさんの若者がガンガン内装工事をしていた!

ステキな店内がちらっと見えて。ああ楽しみ~

 

ということを夫(静岡に単身赴任中)にメッセンジャーで報告した翌朝、これが送られてきました。

 

早朝から着信のバイブがビヨビヨビヨビヨ、何度も鳴って迷惑ったらありゃしない。

 

ということで本人承諾ありませんが以下、公開します。

皆様、ご査収の程、よろしくお願いいたします。

 

<本題>

 

「パブの引越」~藝大生の突貫工事~

 

■枕

 

  最近はその、おいしいビールを飲ませるビアパブってぇのがはやってるらしいですね。

いろんな地方の醸造家からビール取り寄せたりするようですよ。

  これは下町は千駄木のそういうビアパブの引っ越しのお話です。

パブの大将というか店主のイシイさんは、がっちりとした体つきでめんたまがぎろっとしていて、

一見とっつきにくいが、実は気さくでビール好きのおじさんです。

 

■このあと店の歴史とかがあり、実際の引越シーンに移る。

(補足:ビアパブイシイには、藝大生が何人もアルバイトに来ていて、彼らが内装工事をやっている)

 

 ドタバタは内装工事で、

「誰だいカウンターをゴシック形式にしたのは」

「誰だいチェンソーで床の間作っちゃったのは、うちは茶道教室じゃないよ。

それに、おいおい、水墨画飾ったって合わないだろ、

え、俺は日本画専攻だから、いやうちと関係ないから。」

みたいな。

 

 下げは、

「とっておきのビールはどこいった、

え、大先生がサーバーにつなげて飲んじゃったって、

何回も頼みに行ってやっと手に入れたビールだというのに、

先生、いったいどうしてくれるんですか。」

 

「はい、泡と消えました」

 

----------------

 

おあとがよろしいようで。