はるの会のきものコーディネートを考えるプロセス大公開。


ある日、上方舞のお稽古場に参りますと、
京都の問屋さんから取り寄せたという、大きなつづら(実際はダンボール箱)がドドンとふたつ。

お師匠様は3歳から日舞をされていて、きものにも超絶詳しいのです)

「あっ、サカガミさんに似合うのありますよ〜これこれ!」

ソフトな黄色。確かに似合う…
でも先生、こんな訪問着、私、いつ着るんですか…?

あっ、はるの会

稽古不足を衣装で補うんですね!<違う

フォーマルな帯、これしか持ってないです…
(きものは好きだけど、フォーマルは超絶苦手)

先生、小物はどうしたらいいですか?

「そうですねー、帯締は紫、帯揚は白地に赤の飛び絞りでスカッとさせたらどうですか?」

はいっ、と早速街に飛びだし、
帯揚帯締、無事ゲット。

おおー、なるほど。こうなるんですね。
帯締の紫、もっと濃くてもいいかな?
 
おっ、大人っぽさ倍増。
…私にはちょっと重いかな?
 
赤の帯締、どうかな?
私の中では、和のお稽古のイメージなんだけど…
 
おっ、華やか。
これもいいねぇ。

同系色の濃淡はどうかしら?
 
まあなんて上品な。

ああー、どれにしようー
悩むー

(それより練習せな間に合わないんちゃう?)