着録 1月20日(土) 計画編 きものカラーコーディネーター体験講座登壇

講師のお役目にふさわしいコーディネートを考えるの巻。
 
Kicca着物カラーコーディネーター講座

 

第2部、コーディネート編
講師を担当することになりました。
ひええー、おそれおおい〜ダイジョウブカナ…
でもせっかく学んだ知識と週末の実践、
生かさないともったいないよね。
 
能口先生、ご指名ありがとうございます!
 
よし、なに着ていこうかな〜
(例によって前夜ごそごそとコーディネートを考える)
 
課題に使うきものと同じ色にしようかな、
説明にも使えるし。
 
ああー持ってないわー残念。どうしよ〜
 
いやまてよ。体験講座でしょ。
本科を受講しようか検討している人が来てくれるんだよね・・・
  
「講師の人、話はグダグダだったけど、なんか楽しそうだったなー」
って思ってもらえたら御の字なんじゃないかしら?<開きなおり
 
よっしゃ、私が着てて楽しいコーディネートにしよう!
帯はやっぱりこれ

んー、かわいい。

やっぱり思い切って名古屋まで習いに行ってよかったなぁ。

 

白、黑、生成り、ソフトな赤紫と青、深い紫。

 

じゃあ、きものと小物はこれかな。

 

着慣れない絹物は余計に緊張しそうなので、

紫の濃淡の細かい格子柄、ポリエステルきもの。

 

帯締も紫〜赤紫でまとめて、

白の帯揚げで区切りをつける。

 

うん、いいねぇ。

 

いっそカジュアル方向にがっつり舵をきってもいいかな。

 

デニムきもの。帯も綿だから同じ素材感でまとめて。

帯揚は淡い明るい黄色でレフ板効果を期待。

 

帯締は・・・

きものの青と帯揚の黄の間を取って青緑。鮮やかな色で元気に快活に。

または困った時の無彩色、白x黑。

帯の柄にもあるからまとまりがいいね。

 

よっしゃできたー。

後は当日の気分で決めよう。