食録1月21日(日)ありえないコールスロー〜エゾットリア@千駄木

 

みんな大好き、エゾットリア@千駄木すずらん通り。

 

先客さんが

「今日はコールスローがおすすめだよ」

と言うので、「じゃあ我々も」と注文したら・・・

 

どーん!

 

ナンデスカコレハー?!

ちょ、これ、頼んでないよ?

え、これコールスローなの?

コールスローって普通、キャベツの千切りがしんなりしたサラダでしょ?

 

黒板メニューをよくよく見ると、

魚料理の欄に

「花咲カニと白菜、菜の花のコールスロー」

とありました。

 

なんでぜいたくなサラダ!

もうこれ一皿でワイン1本空いちゃうでしょ。

 

冬のエゾットリアといえば、泣く子も黙るコレ。

 

グラタン。

ばっくりすぎ。中味はなーに?

 

はい、鱈の白子と里芋。

これ最強。

 

普段のご飯はもちろん、子供の弁当まで作るクッキングパパみたいな同級生が

「なにコレ美味っ?!こんな組み合わせありかよ〜」

と悔しがったレベル。

 

桜マスのマリネ。

 

川魚嫌いな夫も、これは喜んで食べる。

下に敷いてあるとろっとろの焼きなすがまたおいしい。

 

お待ちかね、本日のメインエベントー!

 

羊の煮込み、かぶと白菜添え。

お出汁も羊。フォン・ド・羊。

 

肉は焼くより煮るほうが胃にやさしい気がするお年頃。

 

白菜も高級品よね。今、1玉500円とかするもんね。

 

本当はこの命のスープにご飯を入れたいところだけれど、

おなかいっぱいでかなわず。

 

我ながら今夜も健啖でありました。

ごちそうさまでした!